ストーカー対策 | 【職場の男・知らない人・元彼】証拠を掴んで警察へ!

パターン別ストーカー対策:待ちぶせ・押しかけ・尾行

ストーカー対策は、パターン別に行う必要があり、早めに対処することが重要です。

尾行は初歩的な行為ですが、待ちぶせに発展したり、押しかけるといった結果に繋がるので、早くストーカーを対策する必要があるでしょう。

尾行の目的は相手によって様々ですが、情報収集目的でも厄介ですから、尾行を振り切る方法が不可欠です。

昼間は人通りが多く、監視の目が行き届きやすい場所を選ぶと、簡単でもストーカー対策になります。

また、狭い路地や裏通りは避けて、常に誰かが居る場所を通る選択が有効です。

夜間のストーカー対策は、昼間よりも重要度が引き上がり、警戒レベルも上昇するでしょう。

最も安全なのは、夜間の行動を避ける選択ですが、外出や行動をする必要があるなら、注意深く行動して隙を見せないことが大切です。

街灯がある場所は勿論、コンビニや夜間営業のお店の前を通ったり、交番があるルートを選択するのも効果的です。

尾行を許すと居住地がばれたり、待ちぶせに適した環境を教えることになるので、可能な限り断ち切ることがポイントです。

しかし、突然待ち伏せされる可能性もありますから、緊急時の対応であったり、駆け込み先を用意しておくのもストーカー対策になります。

行動する上で理想的なのは、身近な誰かと一緒に居ることですが、現実的には難しいので、近くに存在する人を活用することが役立ちます。

商用の店舗には経営者や従業員、客などがいるので、助けを求めたい時に頼れる存在になります。

行き先々には、何時でも相手が待ち受けていると想定して、慎重な行動を心掛けることが安全対策に繋がります。

押しかけは、待ちぶせの行き着く先の行動ですから、エスカレートを許さない姿勢は欠かすことが出来ません。

仮に自宅まで押しかけられたら、最寄りの警察署に相談を行い、家族や友人にも伝えておくと良いでしょう。

可能であれば近隣住民や地域を巻き込み、不審者対策を打ち立てて、地域全体から追い出すことがストーカー対策のコツになります。

対応が後手に回ったり、エスカレートが止められなくなると厄介ですから、行動力を持って対処すると生活の安心感は高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です