ストーカー対策 | 【職場の男・知らない人・元彼】証拠を掴んで警察へ!

ストーカーの証拠集め方法

ストーカー被害は年々増えているという話も聞きます。

普段の平和な生活が脅かされるストーカーによる被害は何とかして無くしていきたいものですが、なかなか難しいのがストーカー対策です。

周囲や警察にストーカー被害を訴えても、実際にストーカー行為があるかどうかを証明するのは難しいことが多く、実被害が無いとなかなか動いてくれなかったりもします。

そこでストーカー対策の中で最も大事なことと言って良いのが、証拠集めです。証拠が無いと警察は動いてはくれません。

とは言っても、証拠集めはなかなか難しいものです。

ただでさえストーカーにより不安な生活を送っている中、証拠集めのためにさらに時間を取ることは大変ですし、逆に相手を刺激してしまうことにもなりかねません。

そうなってしまうとかなりの危険があります。

それに証拠とは言っても、ただ後ろをついてきている様子を撮影しただけのものや、日記などに嫌がらせの内容などをメモしておいたりというものでは証拠として認められない場合もあります。

また、数を多く集めないとストーカー被害だと認めてもらえない、という事もあり得ます。

そんな時に活躍するのが探偵社です。探偵社ならそういった調査のプロですから、嫌がらせの録音やメールの保管など、アドバイスももらえますし実際の証拠集めもしてくれます。

またストーカー被害でよくあるのが、相手がはっきりしないことです。

こういった場合の相手の特定についても、探偵社に依頼すれば比較的すぐに判明することが多いようです。

特に悪質なストーカーについては、時間が経てば経つほどエスカレートしていくことが多いので、早めのストーカー対策が必要となります。

早めに対策できれば、被害も少ないですし、収集までにかかる手間というのも減る傾向があります。

ストーカーかな、と疑っている場合などにも、探偵社によっては無料相談を受け付けているところもありますので、早めに相談した方が良いと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です